tokyomedisiteclinic-consult.jpg

よくある質問

FAQ

クリニックについて

Q. 駐車場はありますか?

 A. 当院に駐車場はございませんが、近隣にコインパーキングがございます。

Q. 電子マネーやカード決済はできますか?

 A. 可能です。電子マネーは交通系ICの支払い(Suica、PASMOなど)、iD、nanaco、R Edy、waon、クレジットカードはVISA、Master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナーズクラブ、ディスカバー、UnionPay銀嶺が使えます。

 

PRP(多血小板血漿)療法について

Q. 入院は必要ですか?

 A. 必要ありません。PRP療法は日帰りで実施できる治療です。

Q. PRP投与後の生活制限はありますか?

 A.  投与当日は、シャワー浴にしていただき、投与後から1週間は安静・免荷(投与した方の足に荷重をかけない)でお過ごしいただきます。

当院では関節炎や関節症は、骨折と同程度に関節が傷つき炎症した状態と考えています。

そのため、関節の炎症をおさえて修復を促すためにも、投与後の安静・免荷をお願いしております。

Q. 治療の副作用はありますか?

 A.  PRP療法はご自身の血液から血小板を取り出して患部に戻す治療であり、ご自身の血液を使うので基本的に拒絶反応などの副作用が少ない治療です。

PRPを作成する際の感染リスクも少なからず伴いますが、当院ではPRPの抽出作業はクリーンベンチ(ゴミやほこり、浮遊微生物など混入を防ぐため清浄度の保たれた作業台)を使い、研修を受けた医師、看護師が行い、リスク軽減に努めています。

Q. リハビリも行ったほうがよいのでしょうか?

 A.  変形性膝関節症の標準的治療では、リハビリテーションなど運動療法も推奨されており、中でも太ももの筋肉を鍛えたりストレッチをすることで膝の負担を減らすとされています。投与後の安静期間を過ぎた場合には、これらを積極的に取り入れることをおすすめします。

Q. 保険はつかえますか?

 A.  PRP療法は保険が使えない自由診療となっています。

 

​変形性膝関節症について

準備中